TOP > 便利帳 > 税金について(国内居住・海外居住の取扱いの違い)

税金について(国内居住・海外居住の取扱いの違い)

税金について

国内居住者と海外居住者では取扱いが異なります。

国内居住の場合

国内居住の場合

家賃収入等の不動産所得がある場合は確定申告を行う必要があります。所得税・住民税の算出にあたり不動産所得は、原則として総合課税で他の所得(給与所得など)と合算して課税されます。その為・必要経費を差し引いて所得を申告します。

必要経費

減価償却費・借入金利・火災保険料・固定資産税・都市計画税・管理費・仲介手数料・広告宣伝費。

海外居住の場合

海外居住の場合

海外居住の場合賃料の20%額を源泉徴収し税務署に納付することになります。
源泉徴収額の過不足は申告を行い調整されます。過払いの場合の還付請求は5年間です。(5年以上は時効)
還付申告はいつでも可能です。
海外居住者は確定申告や還付申告を行うための納税管理人を指定します。 納税管理人となる方がいない場合は税理士をご案内いたします。

推奨税理士のご紹介

ページトップへ