TOP > 諸手続

諸手続

住宅を貸出す場合にはいくつかの手続きが要となります。

税務署への納税管理者届出(1年以上の予定で海外転勤になる場合)

出国前に納税管理人を選定

貸家の賃貸料などの不動産所得が一定額以上あれば、毎年確定申告書を提出しなければならず出国するまでに納税管理人を定める必要があります。
納税管理人として税理士をご紹介いたします。

固定資産税納付書の転送届

口座振替が便利です!

地方税事務所へ固定資産税納付書の住所転送届提出。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から借入をしている場合

手続き

融資住宅留守管理承認申請書」を提出し承認を受ける必要があります。

届出の手続きの代行

転勤が決まり多忙な毎日。あれやこれやと大変な時です。
今お住まいの住宅の事は、全て丸ごとお引受けいたします。
リロケーションシステムにお申込頂いた場合、これらの手続きも代行いたします。(料金込)

■申請書

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)のホームページよりダウンロード可能です。
融資住宅留守管理承認申請書(PDF形式)

Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧・印刷いただくには「Adobe Acrobat Reader」(無償配布)が必要です。
お持ちでない方はAdobe社のホームページからダウンロードしてご利用ください

マンションの場合

管理組合に転居届の提出と第三者貸与届を提出

ページトップへ